雨月物語 (1953) / Ugetsu monogatari

上田秋成の怪異小説「雨月物語」を映画化。名カメラマン宮川一夫による幽玄な映像美は圧巻! ベネチア映画祭銀獅子賞を受賞し、海外の映像作家に多大な影響を与えた。戦乱の到来を契機に、一攫千金を狙い大商いを目論む陶器の名工と、侍として立身出世を夢見る義弟、息子と3人でささやかな幸せを望む妻の命運を描く。キャスト:森雅之, 田中絹代, 京マチ子

 ・ amazon : 雨月物語 (1953) / Ugetsu monogatari

雨月物語 (1953) / Ugetsu monogatariのあらすじ

戦国時代。混乱に乗じて一攫千金を夢見る陶工が、妻子と義弟夫婦を連れて旅立った。やがて妻たちと別れ、城下町へとたどり着いた陶工は、美しい女の死霊に誘われるまま、この世ならぬ情事の快楽にのめりこんでいく。

雨月物語 (1953) / Ugetsu monogatariのストーリー

大正十一年春。--琵琶湖周辺に荒れくるう羽柴、柴田間の戦火をぬって、北近江の陶工源十郎(森雅之)はつくりためた焼物を捌きに旅に上った。従う眷族のうち妻宮木(田中絹代)と子の源市は戦火を怖れて引返し、義弟の藤兵衛(小沢栄)はその女房阿浜(水戸光子)をすてて通りかかった羽柴勢にまぎれ入った。彼は侍分への出世を夢みていたのである。合戦間近の大溝城下で、源十郎はその陶器を数多注文した上臈風の美女にひかれる。彼女は朽木屋敷の若狭(京マチ子)と名乗った。注文品を携えて屋敷を訪れた彼は、若狭と付添の老女から思いがけぬ饗応をうける。若狭のふと示す情熱。--もう彼はこの屋敷からのがれられなかった。一方、戦場のどさくさまぎれに兜首を拾った藤兵衛は、馬と家来持ちの侍に立身する。しかし街道の遊女宿で白首姿におちぶれた阿浜とめぐりあい、涙ながらに痛罵される。日夜の悦楽から暫時足をぬいて町に出た源十郎は、一人の老僧(青山杉作)に面ての死相を指摘される。屋敷に戻った源十郎は若狭たちに別れを切り出す。怒りの中引き留めようとする若狭たちだが、彼に触れることが出来ない。源十郎の背中には呪符がかかれていたためであった。翌朝源十郎は廃墟の中で目覚める。若狭たちは織田信長に滅された朽木一族の死霊だったのである。--源十郎はとぼとぼと妻子のまつ郷里へ歩をかえした。戦禍に荒れはてた北近江の村。かたぶいた草屋根の下に、彼は久方ぶりでやせおとろえた宮木と向いあう。しかし一夜が明けて、彼女も幻と消えうせた。宮木は源十郎と訣別後、落ち武者の槍に刺され、すでにこの世を去っていたのである。--源十郎は爾後の半生、宮木を弔いつつ陶器つくりに精進した。その傍らには、立身の夢破れて帰村した義弟、藤兵衛と阿浜の姿もあった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 山椒大夫 (1954) / Sansho the Bailiff

  2. 新・平家物語 (1955) / Shin Heike Monogatari

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。