昭和物

昭和時代を舞台とした溝口健二監督作品

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 昭和物

    赤線地帯 (1956) / Street of Shame

    京マチ子主演、赤線地帯にあるサロン「夢の里」で働く女性たちを描いた群像ドラマ。父の保釈金のために働くやすみ、失業中の…

    • 昭和物

    武蔵野夫人 (1951) / The Lady of Musashino

    大岡昇平のベストセラー小説を、豪華キャストの共演で映画化。人妻と年下のいとことの恋愛を軸に、愛憎入り交じる複雑な人間…

    • 昭和物

    雪夫人絵図 (1950) / Portrait of Madame Yuki…

    船橋聖一の同名小説を原作に、名匠・溝口健二監督が手がけた女の悲劇。「昼は天使、夜は妖女」という女の深淵に挑んだ問題作…

    • 昭和物

    夜の女たち (1948) / Yoru no Onnatachi

    大女優・田中絹代が初めての汚れ役に挑んだ社会派群像ドラマ。終戦直後の荒廃した大阪を舞台に、戦争未亡人の姉と、その妹が…

    • 昭和物

    浪花女 (1940) / Osaka Onna

    依田義賢の脚本を溝口健二が監督した「芸道映画」のひとつ。溝口と田中絹代が初めてコンビを組んだ作品としても知られる。溝…

    • 昭和物

    浪華悲歌(なにわえれじい)(1936) / Osaka Elegy

    戦前の女性映画を代表する傑作。「祇園の姉妹」「雨月物語」などの脚本家・依田義賢と溝口が初めてコンビを組んだ、記念すべ…