浪華悲歌(なにわえれじい)(1936) / Osaka Elegy

戦前の女性映画を代表する傑作。「祇園の姉妹」「雨月物語」などの脚本家・依田義賢と溝口が初めてコンビを組んだ、記念すべき作品。当時19歳の山田五十鈴が美しい。キャスト:山田五十鈴、梅村蓉子、進藤英太郎 ほか

 ・ amazon : 浪華悲歌(なにわえれじい)(1936) / Osaka Elegy

浪華悲歌(なにわえれじい)(1936)のあらすじ

アヤ子は会社の金を横領した父親のため、勤め先の社長の愛人となり借金を肩代わりしてもらう。さらに兄の学費を工面するため、男を騙して逮捕されてしまう。恋人にも逃げられ家へ戻った彼女を家族は冷たく突き放す。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 赤線地帯 (1956) / Street of Shame

  2. 雪夫人絵図 (1950) / Portrait of Madame Yuki

  3. 武蔵野夫人 (1951) / The Lady of Musashino

  4. 浪花女 (1940) / Osaka Onna

  5. 夜の女たち (1948) / Yoru no Onnatachi

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。