浪花女 (1940) / Osaka Onna

依田義賢の脚本を溝口健二が監督した「芸道映画」のひとつ。溝口と田中絹代が初めてコンビを組んだ作品としても知られる。溝口作品の最高傑作と評されることも多いが、ネガもプリントも残っていないとされている。キャスト:坂東好太郎、田中絹代、高田浩吉ほか

浪花女 (1940) / Osaka Onnaのあらすじ

千賀はひょんなことから、義太夫節三味線方の豊沢團平の看病をすることになり、義太夫の奥深さに目覚めた。大阪の商家に育った千賀だったが、周囲の反対を押し切って團平と結婚。義太夫の世界にのめり込んでいく。だが團平は、日常における千賀の振る舞いが気に入らず、離婚まで考えていた。しかし文筆の才能があった千賀が人形浄瑠璃「壺坂霊験記」を書き、團平はその完成度の高さに驚くと同時に、その場で「節づけ(作曲)」をするのだった。(allCinema ONLINE)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 浪華悲歌(なにわえれじい)(1936) / Osaka Elegy

  2. 武蔵野夫人 (1951) / The Lady of Musashino

  3. 雪夫人絵図 (1950) / Portrait of Madame Yuki

  4. 夜の女たち (1948) / Yoru no Onnatachi

  5. 赤線地帯 (1956) / Street of Shame

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。