噂の女 (1954) / The Woman in the Rumor

京都・島原を舞台にパワフルに働く女性を描いた風俗喜劇。母親が遊廓の女将だという理由で男に振られた娘が、それまで軽蔑していた娼婦たちに心を開いていく。愛人に裏切られ、嫉妬に燃える田中絹代の演技は必見。キャスト:田中絹代、久我美子、大谷友右衛門

 ・ amazon : 噂の女 (1954) / The Woman in the Rumor

噂の女 (1954) / The Woman in the Rumorのあらすじ

京都島原の廓でただ一軒太夫の置屋とお茶屋を兼ねた、井筒屋の女将初子は、夫亡き後女手一つで太夫、仲居、女中達を切廻して商売しているが、東京の音楽学校でピアノの勉強をしていた一人娘雪子が、愛人と婚約するばかりになっていたのに突然自殺を計ったので、東京へかけつけて彼女を家へ連れ戻した。帰宅した初子は廊の若い医師的場に雪子の診察を頼んだが、彼女は頑なにそれを拒むのだった。しかし物分りのよい的場と雪子は親しく語り合った。その夜遅く太夫の一人薄雲が胃ケイレンをおこし、的場が手当てをしたが、その後で彼と二人切りになった雪子は、母の商売に疑問を持って居り、それは自分の恋の破れたのも相手が家の職業を知って破談にしたためだからだと打明けた。的場からこのことを伝えきいた初子は先祖代々の職業が娘の幸福の妨げになったという事実に大きな衝撃をうけた。初子は的場に対して恋を覚え、彼のための病院を買ってやり、彼と結婚しようとする希望であった。一方組合役員の原田は、初子との結婚を迫っていたが、彼女は勿論断っていた。ところが的場と雪子との心はその間相寄って、ある日能の見物に行った二人は接吻した。これを知った初子の心は嫉妬に燃え、逆上して雪子に辛く当るが、やがて的場に病院設立の費用を与えて身を引こうとした。だがアプレの的場の正体を知った雪子は、汚らわしいこの家の商売から離れることを諦め、的場に捨てられた衝撃から病床に着いた母に代って女将となり井筒屋の切廻しに乗り出した。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 祇園囃子 (1953) / A Geisha

  2. お遊さま (1951) / Miss Oyu

  3. 祇園の姉妹 (1936) / Sisters of the Gion

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。