お遊さま (1951) / Miss Oyu

谷崎潤一郎の名作小説「芦刈」を名匠・溝口健二が映画化。京都を舞台にしていることもあって、背景にさりげなく桜並木を配置したりと絢爛豪華な作品。キャスト:田中絹代、乙羽信子、堀雄二、柳永二郎、進藤英太郎ほか

 ・ amazon : お遊さま (1951) / Miss Oyu

お遊さま (1951) / Miss Oyu のストーリー

お遊さま(田中絹代)は、小曽部の家から金満家粥川へ嫁入って間もなく夫に別れたが、一人子一の養育のかたわら、贅沢と遊芸三昧に憂さを晴らしているひとであった。一番仲のよい妹お静(乙羽信子)が芹橋慎之助(堀雄二)と見合いをするのに付き添って行くが、慎之助はお静よりもこのお遊さまに深く心をひかれる。そこでこの縁談はいったん破れかけるが、お遊さまが、結婚するならぜひ慎之助とというたっての願いにお静は承知して芹橋へ嫁ぐことになった。お遊さまも、慎之助を想っていることを察し、お静は二人の間のかけ橋になる決心をしたのだつた。そのため、お静は慎之助の名前だけの妻に甘んじ、慎之助と共にひたすらお遊さまの心を慰め、たのしませることにつとめた三人がそろっての物見遊山が度重なるに従って、周囲の口もやかましくなり、ついにはお遊さまの婚家粥川家でも問題となって、一が病没したのを口実に、お遊さまは実家へ帰されることになった。そのときになってお遊さまは自分のために慎之助とお静を不幸にしていたことを悟って、兄にすすめられるまま、眼をつぶって伏見の酒造家へ再婚して行った。芹橋家は破産し、お静と慎之助は東京にわび住居をする身になったが、お静は慎之助との間に一子をもうけて幸福であった。しかし産後の肥立ちが悪く、慎之助に見とられながら死んだ。お遊さまは、淀川にのぞんだ伏見の豪華な屋敷に今宵は月見の宴を催していた。その時門前に捨て子があったと女中が連れて来た赤ん坊は、慎之助がお静亡きあと、思い余ってお遊さまに托したものであった。淀川の芦の間を遠ざかる舟の中に、ひとり謡曲「熊野」をうたう慎之助の姿があった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 噂の女 (1954) / The Woman in the Rumor

  2. 祇園の姉妹 (1936) / Sisters of the Gion

  3. 祇園囃子 (1953) / A Geisha

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。