わが恋は燃えぬ (1949) / Wagakoiwa Moenu

溝口健二監督が、女性の自立と解放をテーマに作り上げた“女性解放3部作”の第3弾にあたる人間ドラマ。明治、大正時代に婦人解放運動のために苦闘した女性闘士・影山英子の半生を描く。キャスト:田中絹代, 水戸光子, 平野郁子, 三宅邦子, 菅井一郎

 ・ amazon : わが恋は燃えぬ (1949) / Wagakoiwa Moenu

わが恋は燃えぬ (1949) / Wagakoiwa Moenuのあらすじ

明治十七年−自由民権の思想が青年たちの心をゆすっていた。岡山の旧家封建的な制度の中に育った平山英子は、恋人で自由党員の早瀬龍三の帰省によって急速に自由へのあこがれに胸を熱くする。東京へ帰った早瀬を追って、英子も上京する。そこで、英子はいまだ藩閥専制のうずの中で、自由の思想をもって生きていくことが如何に困難であるかを知る。と同時に、早瀬が実は藩閥政府のスパイであることを知る英子。愕然とする英子を励ましたのが、自由党の重要人物・重井憲太郎だった。重井に急激に心を引き付けられる英子だったが・・・

わが恋は燃えぬ (1949) / Wagakoiwa Moenuのストーリー

明治十七年--自由民権の思想はほうはいとして青年の心をゆすった。岡山の旧家封建的な制度の中に育った平山英子もその恋人自由党員早瀬龍三の帰省によって急速に自由へのあこがれに胸を熱くした。東京へ帰った早瀬を追って英子が国を出たのはそれから間もなかった。東京へ--英子はそこでいまだ藩閥専制のうずの中で、自由の思想をもって生きていくことの如何に困難であるかを知ると同時に、早瀬が意外にも口に自由を唱え、その正体は藩閥政府のスパイであることを知ってがく然とした。英子は裏切られた。しかしその英子を励ましてくれる重井憲太郎があった。重井は自由党内の重要人物であり何かにつけ英子を力づけ、英子の心は急激に重井にひきつけられた。かかるとき井藤俊文の帰朝によって自由党への弾圧ははげしく、総裁稲垣はもろくも井藤の膝下にあった。重井は痛憤してあくまで自由のために闘うことを心に誓った。そこにはすでに重井と結ばれた英子があったのだ。そのとき秩父の製糸工場の突発事件が起こった。虐げられた女工たちとその親たちである貧農が暴圧に耐えかねて立ったのだ。重井と英子は応援にかけつけた。その夜工場は火災を発し、重井も英子も、そして女工の一人、放火した千代が投獄された。千代はかつて岡山の英子の家の小作人の娘でこうして遠く売られてきていたのだ。奇遇であった。同じろう獄で英子は千代をかばい、そして女の無力をしった。明治二二年憲法は発布され大赦によって重井たちは出獄した。重井は出獄と同時に第一回総選挙に立候補するため自由民権運動の中心大阪へおもむいた。もちろん英子も、そして千代も一緒だった。こうして三人の生活ははじめられた。英子にははじめての「女」としての生活だった。だが思想家としての重井は家庭にあっては、やはり一人の暴君であった。英子は思う。女の幸せとは何であろう。私はやはり女性の、人間としての権利を叫ばねばならぬであろう、と。そのころ、英子は恐ろしいことを知った。重井が千代と関係したのだ。重井はいう「ちょっとした過失だ」と。だが英子はもう何もいわない。ただひしひしと女の無力を感じるのだ。重井が国会議員に当選した日、英子はきっぱりと別れを告げた。--更に、更にきびしいであろうが、新しい女性の本当の自由と権利を求めて……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 女優須磨子の恋 (1947) / The Love of the Actress Sumako

  2. 女性の勝利 (1946) / Victory of Women

  3. 残菊物語 (1939) / The Story of the Last Chrysanthemums

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。