100KenjiMiyazaki.com / 溝口健二

100KenjiMiyazaki.comでは、日本の映画監督、溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 – 1956年8月24日)の主な監督映画作品を紹介。

女性映画の巨匠と呼ばれ、一貫して虐げられた女性の姿を冷徹なリアリズムで描いている。サイレント期は下町情緒を下敷きとした作品で声価を高め、戦中・戦後は芸道ものや文芸映画でも独自の境地を作り出した。完璧主義ゆえの妥協を許さない演出と、長回しの手法を用いた撮影が特徴的である。黒澤明、小津安二郎、成瀬巳喜男らと共に国際的に高い評価を受けた監督であり、ヴェネツィア国際映画祭では作品が3年連続で受賞している。また、ジャン=リュック・ゴダールを始めヌーベルバーグの若い映画作家を中心に、国内外の映画人に多大な影響を与えた。代表作に『祇園の姉妹』『西鶴一代女』『雨月物語』など。日本映画監督協会会員。

100KenjiMiyazaki.com / 溝口健二の主な映画作品

浪華悲歌(なにわエレジー)(1936) / Osaka Elegy
祇園の姉妹 (1936) / Sisters of the Gion
残菊物語 (1939) / The Story of the Last Chrysanthemums
浪花女 (1940) / Osaka Onna
名刀美女丸 (1945) / the Famous Sword Bijomaru
女性の勝利 (1946) / Victory of Women
歌麿をめぐる五人の女 (1946) / Utamaro and His Five Women
女優須磨子の恋 (1947) / The Love of the Actress Sumako
夜の女たち (1948) / Yoru no Onnatachi
わが恋は燃えぬ (1949) / Wagakoiwa Moenu
雪夫人絵図 (1950) / Portrait of Madame Yuki
お遊さま (1951) / Miss Oyu
武蔵野夫人 (1951) / The Lady of Musashino
西鶴一代女 (1952) / The Life of Oharu
雨月物語 (1953) / Ugetsu monogatari
祇園囃子 (1953) / A Geisha
山椒大夫 (1954) / Sansho the Bailiff
噂の女 (1954) / The Woman in the Rumor
近松物語 (1954) / The Crucified Lovers
楊貴妃 (1955) / Princess Yang Kwei-Fei
新・平家物語 (1955) / Shin Heike Monogatari
赤線地帯 (1956) / Street of Shame

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。